? ラクトフェリンは食品から摂取は?@ラクトフェリン口コミ調査団
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラクトフェリンは食品から摂取はできないでしょうか?

ラクトフェリンは乳製品に多く含まれていると言われてます。ヨーグルトや脱脂粉乳、牛乳などに多く含まれています。 しかしラクトフェリンは、熱に弱い性質があり加工する段階で多くのラクトフェリンは消滅してしまうと言われています。

乳製品の多くが熱で加工するので、その段階でラクトフェリンが消滅してしまっていることになります。 特にラクトフェリンは牛の乳に含まれていることで有名ですが、牛乳も熱殺菌をするとラクトフェリンが消滅してしまいます。 牛乳からラクトフェリンを摂取する場合は、生乳から摂取しなければいけませんが、生乳を摂取する機会もあまりないかもしれなせんね。

しかし乳製品でも熱で加工しないで作られるものもあります。それがチーズです。 スーパーなどで売られている一般的なチーズは熱で殺菌されているので、ラクトフェリンが含まれていないのですが、熱殺菌しない製法のチェダーチーズやゴーダチーズなどにラクトフェリン多く含まれています。

しかし他の乳製品より多く含まれていると言ってもがはっきりと表れるほどのラクトフェリンが含まれているわけではありません。 ラクトフェリンが含まれている食品を摂取できたとしても腸に届く前に、胃で分解してしまうので、効率良くラクトフェリンを摂取する場合は、ラクトフェリンがコーティングされている健康食品などの、サプリメントやヨーグルトから摂取すると、効率良く摂取できるのでおすすめですよ。

→→→ライオンのラクトフェリンが980円で試せるセット


このページの先頭へ